メニュー

排尿障害の治療

排尿障害は、何らかの原因で、排尿が困難になる病気です。

排尿障害の症状

多尿、乏尿、無尿

多尿は1日の尿量が2500mlを超える。

乏尿は1日400ml未満、無尿は1日100ml未満の状態をいいます。

頻尿

一般には、昼間の排尿回数が8回以上、また、就寝中の頻尿が2回以上のものをいいます。

尿失禁

尿を自分の意思によらず排泄してしまうこと。切迫性尿失禁(急な尿意でトイレに間に合わない)、腹圧性尿失禁(重いものを持ったとき、咳、くしゃみをしたときに漏れる)に分けられます。高齢の多産婦に多くみられます。

尿閉

膀胱の尿を排出できない状態。前立腺肥大症のある高齢男性に多くみられます。

残尿感

残尿あるなしにかかわらず、残っているように感じる症状です。

 

排尿障害の疾患

機能障害

過活動膀胱 神経因性膀胱

炎症

急性、慢性膀胱炎

悪くなったときの症状

 

排尿障害の原因(前立腺肥大症や、糖尿病、膀胱炎など)によって、治療方法が異なりますが、原因となる疾患の治療をおこなっていくことになります。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME